2020年10月19日(月)

恩をずっと忘れぬ店長、地元さいたまの小学校に大量マスク贈る 周辺店舗もマスク集め協力 困った人助けて

集めたマスクを宮原小学校の佐藤校長に手渡す狩野さん(右)=15日午前、さいたま市北区

 さいたま市北区宮原町の飲食店など8店が15日、市民らに呼び掛けて集めたマスクを、地元のつばさ小学校と宮原小学校に2500枚ずつ寄贈した。6月22日から各店に回収ボックスを設置し、9月30日までの約3カ月で9553枚集まり、その一部を届けた。発起人で理容店「ファミリーサロンフレッシュ」の狩野信一店長(42)は「小さな理容店から始まった活動が大きな輪となり、予想以上に多く集まった。児童には学校生活で活用してもらい、コロナに負けず元気に育ってほしい」と話している。

購読申し込み 携帯サイト