2020年5月18日(月)

夢のような桜、伐採の危機…東武線・七里駅前の整備で 樹齢300年以上 住民が署名活動を検討

伐採予定の桜の木を眺める井上さんと近隣住民ら=8日、さいたま市見沼区

 さいたま市見沼区風渡野の東武アーバンパークライン七里駅北側にある3本の桜の木が伐採される見通しとなった。駅周辺の区画整理事業に合わせ9月に伐採が予定され、既に看板も建てられている。駅近くに住む井上陽子さん(73)は「七里のかけがえのない地域の宝がなくなるのは残念」と肩を落としている。

購読申し込み 携帯サイト