2019年3月24日(日)

AKB48チーム8埼玉代表・高橋彩音さん登場 松伏のイベント、「アイドルのお仕事」を子どもたちに伝授

「ミニまつぶし2019」で「まつぶしPR大使」ブースに登場したAKB48チーム8埼玉県代表の高橋彩音さん(写真右)=23日、松伏町のB&G海洋センター
放送局員としての仕事をこなす子どもたちを優しく見守る高橋さん
1日PR大使として頑張った子どもたちには記念写真がプレゼントされた
子どもたちと消防車の放水体験をする高橋さん
町のPR大使として参加者らと積極的に交流し、イベントを盛り上げた

 松伏町の「まつぶしPR大使」で、AKB48チーム8埼玉県代表の高橋彩音さん(21)は23日、同町で開催された子どもたちのお仕事体験イベント「ミニまつぶし2019」に登場した。(森本勝利)

■実生活さながらのお仕事体験

 同イベントは町内の小学生らが中心となり、飲食店や模擬店など仮想店舗を出店し運営するもの。お店で仕事をすると、独自通貨「パイン」を給料で受け取ることができ、買い物が楽しめるといった実生活さながらのお仕事体験ができる。

 会場には銀行や役所、ラーメン店、病院、お化け屋敷など全32種類のブースが軒を連ね、多くの子どもたちが仕事の楽しさなどを学んだ。

 「まつぶしPR大使」のブースでは、訪れた子どもたちがアイドルさながらの衣装に着替えて、インタビューの模擬体験。高橋さんはアイドルの"先輩"として、子どもたちへの質問や写真撮影に応じ、交流を深めていた。

■高橋さん「松伏町は郷土愛に溢れている」

 司会役となった高橋さんが「松伏町の好きなところは?」と子どもたちに質問すると、「自然が豊かなところ」「みんなが笑顔で優しいところ」など大人顔負けの受け答えが続出。高橋さんは「恥ずかしがりながらも、みんなしっかりと答えていた。それぞれが松伏町の魅力を知っていて、郷土愛に溢れていると思った」と感心していた。

 その後、消防車の放水体験や、子どもたち自身で考えたお化け屋敷で遊んだりと積極的に参加者らと交流し、PR大使としての務めを果たしていた。

■4月から初の冠番組開始「土曜日の朝にふさわしいラジオを」

 先日、動画配信アプリ「SHOWROOM」で自身初となる冠ラジオ番組『藤咲彩音と高橋彩音のあさやね!』(文化放送 超!A&G+、4月6日から毎週土曜日9:30〜10:00)の開始が発表された。高橋さんは「初めてのレギュラー出演。ピンキー!さん(藤咲彩音さんの愛称)に色々と教えてもらいながら、多くの人たちにチーム8のこと、そして私のことを知ってもらいたい。土曜日の朝にふさわしい、楽しくて明るい、ほのぼのした、そして平和な気持ちになるようなラジオにしていきたい」と意気込んだ。

※高橋さんの「高」ははしごだか

=埼玉新聞WEB版=

購読申し込み 携帯サイト

購読申し込み