2019年8月9日(金)

<高校陸上>女子1600R、埼玉栄が準V 29年ぶり県高校記録を塗り替える/南部九州総体

女子1600メートルリレー決勝 県高校新となる3分43秒94で準優勝に輝き、笑顔がはじける埼玉栄のメンバー。(左から)1走塩味、2走吉田、3走鈴木、4走大野=タピック県総ひやごんスタジアム

 全国高校総合体育大会(インターハイ)第13日は8日、沖縄県沖縄市のタピック県総ひやごんスタジアムなどで6競技が行われ、女子1600メートルリレーで埼玉栄(塩味、吉田、鈴木、大野)が29年ぶりに県高校記録を塗り替える3分43秒94で準優勝した。

 テニス女子シングルスの浮田愛未(秀明英光)は決勝で照井妃奈(北海道・札幌啓成)に4―8で敗れ、準優勝。同男子シングルスの松下龍馬(秀明英光)は準決勝で藤原智也(京都・東山)に3―8で敗れた。

 弓道団体(20射)は男子の浦和と女子の成徳大深谷がそれぞれ決勝トーナメントに進んだ。

購読申し込み 携帯サイト