2019年4月28日(日)

AKB48グループ「春フェス」開催 向井地美音さんら埼玉出身メンバーも出演 横浜スタジアムで初の試み

メーンステージに登場したNGT48の1期生メンバー(C)AKS

 「AKB48グループ 春のLIVEフェス」が27日、神奈川県横浜市中区の横浜スタジアムで開かれ、国内姉妹全6グループが出演した。(桜井勇太)

 午後1時にスタートしたフェスは4月末とは思えない底冷えで、小雨も降るあいにくの天候だったが、同5時半すぎには夕日が差し込むほどに回復。バックスクリーン前のメーンステージのほか、1塁、3塁側の両スタンド内に4つのミニステージが特設されるフェス形式で進行し、6時間半にわたりいずれかのステージで絶え間なくパフォーマンスが繰り広げられた。

 28日に同所で卒業コンサートを控えるHKT48の指原莉乃さんやメンバーへの暴行事件を巡る騒動で揺れているNGT48も登場。メンバーから直接商品を手渡してもらえる屋台やメンバー参加のゲームブースなど盛りだくさんの内容で、ファンはお目当てのメンバーを追ってスタジアム内を往来し、大型連休初日を満喫していた。

 同フェスは動画サイト「GYAO!」で生中継。メーンステージでは、撮影を許可し来場者にSNSでの発信を促すなど2005年(平成14年)に誕生以来、アイドルシーンのパイオニアとして走り続ける同グループらしいイベントとなった。

■出演した埼玉県出身メンバーは以下の通り。

▽AKB48:向井地美音、佐々木優佳里、篠崎彩奈、湯本亜美、樋渡結依、高橋彩音、黒須遥香、安田叶、矢作萌夏▽NMB48:小嶋花梨▽NGT48:荻野由佳、山田野絵、清司麗菜、三村妃乃

※高橋の「高」は、はしごだか

= 埼玉新聞WEB版 =

購読申し込み 携帯サイト