2015年12月9日(水)

<底力サイタマ>藍染の魅力、世界に発信/小島染織工業

藍染工場には昭和40年代に製造された「シャトル織機」がずらり。今でも現役で活躍している=羽生市神戸
独自ブランドの藍染め製品は若者にも人気だ

 古くから日本人の生活を彩り、愛され続けてきた藍染め。深みのある鮮やかな青色は「ジャパンブルー」として世界に知られている。「武州正藍染」(ぶしゅうしょうあいぞめ)は、羽生市や行田市、加須市などの北埼玉地方で江戸時代後期から続く藍染めで、2008年には国の地域団体商標にも登録された。明治5年(1872)創業の小島染織工業(羽生市)は、その伝統を今に伝える数少ない藍染屋だ。5代目の小島秀之社長(45)は「藍染めの魅力をより身近に感じていただき、世界中に広めることが当社の使命」と意欲を燃やす。

購読申し込み 携帯サイト