2022年4月21日(木)

信じられない…原発避難訴訟、原告ら怒り「やってもやらなくても事故は起きたので責任はない」はおかしい

判決を受けて会見する原告の瀬川芳伸さん(左)と弁護団の吉広慶子事務局長=20日午後4時ごろ、さいたま市浦和区

 東京電力福島第1原発事故で避難生活を余儀なくされたとして、福島県から県内に避難した被災者28世帯95人が、国や東電に計約11億円の賠償を求めた集団訴訟の判決が20日、さいたま地裁であった。岡部純子裁判長は、東電の責任について「個別の事情を考慮し、事故と因果関係の認められる精神的損害の範囲を検討すべき」と、63人に計約6500万円の賠償を認めた。一方、国の責任については「規制権限を行使せず重大な責務を果たしたとは言えないが、行使したとしても事故を回避できたことは認められない」と、被災者側の請求を棄却した。

購読申し込み 携帯サイト