2022年1月19日(水)

衝撃…飛んでしまう人を見て、事故の恐ろしさ学ぶ 埼玉・富士見の中学校でスタントマンが事故再現

想定した交差点で停車したトラックの左脇を走行し、対向車線から右折する乗用車に衝突する自転車のスタントマン=13日午後、富士見市立富士見台中学校

 富士見市は市立中学校を対象に、スタントマンが自転車の交通事故を再現することにより、事故の衝撃や怖さを実感させ、交通ルールの必要性を考える機会を与える「スケアードストレート技法」を活用した交通安全教室を開催している。中学生の交通ルール順守と自転車の安全利用のための教育の一環で、中学生を対象にした同技法の交通安全教室は2017年度に次いで2回目。今年度は市内5校で開催する。

購読申し込み 携帯サイト