2021年10月19日(火)

<衆院選>埼玉15小選挙区の情勢は 自民と立憲民主、一騎打ちは4選挙区 44人が準備、構図固まる

2021年衆院選・埼玉小選挙区の党派別立候補予定者数=18日現在

 第49回衆院選は19日公示され、31日の投開票日まで12日間の選挙戦が繰り広げられる。埼玉県内では15小選挙区に2017年の前回選挙と比べ10人少ない、44人が出馬へ向けて準備を進めている。15選挙区中、自民と立憲民主の一騎打ちは5区など4選挙区になる見通しで、8区は自民と野党系無所属候補との1対1の対決になりそう。共産が候補者を6人に絞り込んだ上、候補者調整により、実質的に自民と「野党共闘候補」の対決は9選挙区になる見通しで、ほぼ選挙戦の構図が固まった。

購読申し込み 携帯サイト