2021年10月16日(土)

さいたま市の新庁舎は20階、高さ90〜100メートル 概算費用221億円を想定 31年度の移転目指す

本庁舎整備の移転候補地となったさいたま新都心バスターミナルほか街区=2021年2月2日、さいたま市大宮区

 さいたま市は15日、市庁舎整備等基本構想の素案を発表した。市の都市づくりの一翼を担う庁舎など八つの基本理念を示した。概算費用を約221億円、本庁舎の延べ床面積を約4万3千平方メートルと想定。2028年度ごろに建設工事を開始し、10年後の31年度に移転を目指すとしている。

購読申し込み 携帯サイト