2021年10月4日(月)

<新型コロナ>死ぬ…家庭崩壊も 感染急増でも増やせぬ保健所の専門職、自治体間で取り合い「過労死寸前」

会見で保健所の長時間労働の改善などを訴えた斎藤知春さん

 新型コロナウイルスの感染拡大で保健所の業務が逼迫(ひっぱく)した9月、越谷市保健所の同僚職員が「保健師らは過労死寸前」と、改善を訴え、労働基準監督署に通報した。市も対策に乗り出したが、保健師の不足や職員の定数の枠など、感染者の増加に即応するのは難しい。緊急事態宣言は解除されたものの、冬には第6波が懸念されており、市も現場も苦慮している。

購読申し込み 携帯サイト