2021年8月18日(水)

<新型コロナ>がんセンター、保育園、病院で…埼玉1451人感染「多すぎる」 ワクチン接種者40人超も

埼玉県庁=さいたま市浦和区高砂

 埼玉県などは18日、新たに1451人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。水曜日としては過去最多で、16日連続で千人を上回った。新規感染者の内訳は県発表が773人、さいたま市416人、川口市112人、川越市72人、越谷市78人。

 これまでに確認された感染者は8万827人(チャーター便帰国者含む)、死者は864人(18日午後6時現在)。

 17日午後9時時点の重症者は125人、感染者の入院は1188人、宿泊療養627人、自宅療養1万5354人。退院・療養終了は5万6540人。

 県によると、変異株感染者は9〜15日の1週間で2902人。いずれもデルタ株に感染しているとみられており、ゲノム解析を進める。9〜15日の変異株PCR検査実施率は31・1%で、陽性率は90・0%(前週85・4%)だった。

 前日午後分を含め、県管轄で18日に詳細が判明したのは未就学児〜90代の男女962人。県立がんセンターは同日までに、患者や職員7人が感染したと発表した。県内の学校では新たに10代男子学生2人が感染し、計14人となった。別の学校では10代女子学生1人が感染し、計7人となった。会食では10〜40代9人が感染し、うち2人はバーベキューをしていた。ワクチン2回接種済みでは20〜80代男女42人が感染した。県の担当者は「感染者が多すぎて保健所に相当な負担がかかっている」と話した。

 県議会事務局は荒木裕介県議(45)=南第8区・さいたま市桜区選出=の感染を発表した。息苦しさなどの症状はあるものの軽症という。

 さいたま市によると、感染が判明したのは10歳未満〜80代の男女416人。13日の377人を上回り過去最多を更新した。60代の男性会社員が重症、20人は中等症。年代別では10〜50代が350人で8割以上を占めた。クラスター(感染者集団)関連では、陸上自衛隊大宮駐屯地で新たに1人判明し計50人、緑区の介護施設でも1人分かり計15人、大宮双愛病院では4人が判明し計26人となった。

 川口市によると、感染が判明したのは10歳未満〜80代の男女112人。民間保育園で職員1人の感染が判明、19日から当分の間休園する。

 川越市によると、感染が判明したのは10歳未満〜70代の男女72人。1日当たりの発表者数としては過去最多を更新した。

 越谷市によると、感染が判明したのは未就学児〜80代の男女78人。公立学童保育室の男性職員が新たに感染。同室を18、19日、臨時休室とした。

購読申し込み 携帯サイト