2021年7月27日(火)

<新型コロナ>感染拡大の埼玉6市町、警戒区域に追加 緊急事態宣言の要請も検討 急増の要因は

埼玉県の大野元裕知事

 大野元裕知事は26日、臨時の記者会見を開き、新型コロナウイルスの感染拡大傾向にある飯能、狭山、入間、桶川、幸手各市と宮代町の5市1町を新たに県独自の「警戒区域」に指定したと発表した。警戒区域は20日に指定された坂戸、吉川両市と合わせ、計7市1町となった。確保病床使用率は6月末は20%を切っていたが、新規感染者の増加とともに上昇を続け、25日時点で47・4%(789人/1666床)。国が緊急事態宣言を出す目安とする指標「ステージ4(感染爆発)=50%以上」に迫っている。

購読申し込み 携帯サイト