2021年7月26日(月)

<高校野球>昌平、粘り強くしたたかに初の決勝へ 立ちはだかる埼玉屈指の強豪、春の雪辱に選手ら燃える

昌平―川口 7回表昌平2死二塁、後藤がチーム5点目となる中前適時打を放つ。捕手服部=県営大宮
埼玉県大会5回戦以降の組み合わせ

 創部43年目の昌平が、夏2度目の準決勝挑戦で初となる決勝進出を決めた。3点リードも一打逆転サヨナラ負けの九回裏2死満塁。先発のエース田村が最後の打者を空振り三振に仕留めると、ナインは雄たけびを上げて歓喜。黒坂監督は「リードされても追い越し、最後まで粘り強く戦えた」とチームの歴史に新たな一歩を刻み、ほほ笑んだ。

購読申し込み 携帯サイト