2021年6月26日(土 )

給食準備中に転倒、高温みそ汁でやけど…当時小5の生徒に297万円 地裁、埼玉・加須市に賠償命令

さいたま地裁=さいたま市浦和区高砂

 加須市の男子中学生が市立騎西小5年生だった2017年6月、高温のみそ汁が入った食缶を運搬中に転倒して脚にやけどを負ったのは学校側が安全配慮を怠ったのが原因として、市を相手取り慰謝料など約792万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が25日、さいたま地裁で開かれ、斎藤清文裁判長(代読・沖中康人裁判長)は市に約297万円の支払いを命じた。

購読申し込み 携帯サイト