2021年6月23日(水)

数十年に一度咲くリュウゼツラン、さいたまの高齢者施設で開花が間近に 入居者ら待ちわびる幻の花

開花が間近なリュウゼツラン=6月21日
茎が伸び始めたリュウゼツラン=5月4日、いずれもさいたま市中央区の「まどか南与野」(大束美希さん提供)

 さいたま市中央区の有料老人ホーム「まどか南与野」の中庭で、数十年に一度しか花が咲かないとされるリュウゼツラン(竜舌蘭)の開花が間近に迫っている。新型コロナウイルスの感染防止のため、家族との面会が少なくなる中、入居者や職員は「明るいニュース」と話し、幻の花が咲くのを待ちわびている。

購読申し込み 携帯サイト