2021年6月13日(日)

<埼玉文学賞を語る>独自色持つ埼玉、暮らす人たちの視点を読みたい 小説部門の新審査員・須賀しのぶさん

「審査員を最初はお断わりしようと思った。でも埼玉の人たちがどう地元を見ているのか読みたい、という気持ちが出てきた」と話す須賀しのぶさん=草加市内

購読申し込み 携帯サイト