2021年6月6日(日)

<埼玉文学賞を語る>言葉をそぎ、イメージは無限に 俳句部門審査員・山ア十生さん「魂込めた作品を」

「借り物ではなく自分の声で作品を書いてほしい」と話す山ア十生さん=川口市内

購読申し込み 携帯サイト