2021年5月7日(金)

難病の女児、急変の恐れも…心臓移植に必要な1億6600万円、募金で集まった 想像以上の早さ、母親が涙

活動を応援する仲間から届いた色紙を手にする両親(中央)ら=6日午後、さいたま市役所

 心臓の機能が低下する、50万人に1人とされる難病「拘束型心筋症」を患うさいたま市の小学3年生、堀籠(ほりごめ)美羽さん(8)の両親らが6日、さいたま市役所を訪れ、米国での心臓移植実現に向けた募金活動が目標額(1億6600万円)に達したことを報告した。両親は6月の渡米を目指し、「温かい支援を力にしたい」と話している。

購読申し込み 携帯サイト