2021年5月4日(火)

峠の急カーブが連続、国道299号に移動式オービス 埼玉県警が設置、悪質な暴走車両の取り締まり強化

事故が多発している299号にオービスを設置し、速度違反を取り締まる警察官=1日午後10時半ごろ、横瀬町芦ケ久保

 県内全域で外出自粛が呼び掛けられているゴールデンウイーク(GW)期間中は、交通量の減少で道路が走りやすくなり、速度超過違反など悪質な暴走車両が増えることが懸念される。県警は9日までの期間、交通事故が多発している国道299号で、速度違反を自動で取り締まる装置「移動式オービス」を導入した取り締まりを強化。地域住民や一般通行者の安全安心の確保に努めている。

購読申し込み 携帯サイト