2021年5月2日(日)

大空泳ぐこいのぼり、子どもら大喜び 埼玉・松伏の公園で設置 不用になったこいのぼりで季節感じて

青空にはためく大小色とりどりのこいのぼり

 松伏町の県営公園「まつぶし緑の丘公園」で、約80匹の大小色とりどりのこいのぼりが大空を泳いでいる。5月中旬まで。

 同園の管理センターが、家庭で不用となったこいのぼりを募集し、毎年ゴールデンウイーク期間中に併せて設置。近年、家庭でこいのぼりを見る機会が少なくなる中、同園で集めたこいのぼりをたくさん掲げることで季節を感じ楽しんでもらいたいと10年ほど前から始めた。

 今年は、各家庭から10匹ほど提供があったほか、近隣の保育園からも30匹ほどの寄贈があったという。「お子さんがこいのぼりを見て喜んでくれている様子をよく見かける」と同センター。

 大型連休がスタートした30日は、晴天に恵まれ、園内は家族連れで散歩する姿も。春日部市在住の越本美紀さん(32)は、1歳と4歳の子どもを連れて訪れ、「コロナ禍で遠方への移動が難しい中、ここで子どもたちにこいのぼりを見せてあげられたので良かった。これだけたくさんのこいのぼりがあると見応えがある」と喜んでいた。

購読申し込み 携帯サイト