2021年4月16日(金)

<新型コロナ>埼玉のワクチン分配量が判明、最多はさいたま 次に深谷、川口と続く 納得できず困惑も

高齢者ワクチンの分配先と数

 26日と5月3日の週に全国で計5741箱(1箱975回分)の高齢者向け新型コロナウイルスワクチンが配分されることを受け、埼玉県は15日までに、県内に配分される282箱の市町村ごとの分配量を明らかにした。最も多いのはさいたま市(61箱)で、深谷市(18箱)、川口市(14箱)などが続いた。一方で滑川町や神川町など1箱にとどまる自治体も複数あった。

購読申し込み 携帯サイト