2021年3月30日(火)

<新型コロナ>クラスターないのに感染増 県LINEサポート継続、中国閲覧問題で別の3アカウント停止

埼玉県庁=さいたま市浦和区高砂

 大野元裕埼玉県知事は29日の定例会見で、現在の県内の新型コロナウイルス感染状況について「ほぼ横ばいだと思っている。一喜一憂する必要はないが、本格的リバウンド(再増加)に入ったとは思っていない」と述べた。一方で、新規陽性者が減少しないことについて「十分に注意を払う時期。人出が毎週のように増えている。大きなクラスター(感染者集団)が発生していないにもかかわらず、(新規陽性者が)増えているのは懸念すべき状況」と強調。飲食を伴う花見や歓送迎会を控えること、「昼飲み」「昼カラオケ」も長時間を避け、夜と同じ感染防止策を徹底することなどを呼び掛けた。

購読申し込み 携帯サイト