2021年3月26日(金)

<新型コロナ>生理用品を無償配布、さいたま市が発表 全市立学校に備蓄、全10区役所で4月から配布

さいたま市役所=さいたま市浦和区常盤

 新型コロナウイルスの影響で経済的に困窮した女性らが生理用品を購入できない「生理の貧困」問題で、埼玉県さいたま市の清水勇人市長は25日の定例会見で、困窮する女性や子どもたちを支援するために、生理用品を無償配布すると発表した。3月末までに全ての市立学校168校に備蓄し、全10区役所で4月5日から無償配布する。本年度予算から計386万円を充てる。

購読申し込み 携帯サイト