2020年12月19日(土)

<全国高校駅伝>男子・埼玉栄、エース不在も底力に期待 7人で穴埋め、しつこい駅伝を 20日号砲

総力を結集し、2年ぶりの入賞へ意地を見せたい男子の埼玉栄
「2年分の悔しさを晴らす走りに期待したい」と神山監督が送り出す埼玉栄の奥山颯斗主将

 男子第71回、女子第32回全国高校駅伝は20日、たけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)発着コース(男子・7区間42・195キロ、女子・5区間21・0975キロ)に、全国都道府県の予選を勝ち抜いた男女各47校が参加して開催される。埼玉からは、男子が4年連続40度目出場の埼玉栄、女子は4年連続4度目出場の昌平が全国の強敵に挑む。号砲は女子が10時20分、男子が12時30分。勝負の時が迫り、士気上がる両チームを紹介する。

購読申し込み 携帯サイト