2020年11月3日(火)

<高校駅伝男子展望>総合力で圧倒の埼玉栄、4連覇濃厚か 続くは徳栄、武蔵越生か 県予選、4日号砲

エース佐藤が欠場も高い総合力でカバーし、4連覇を目指す男子の埼玉栄
初優勝を狙う男子の花咲徳栄。篠木(4)生駒(1)上野(7)の3本柱で埼玉栄に対抗したい

 男子第71回、女子第32回全国高校駅伝県予選(埼玉新聞社など後援)は4日、男子71校、女子52校が出場して開催される。今年は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から無観客で行われるため沿道には出ずに、熊谷スポーツ文化公園陸上競技場および同公園内特設コース(男子・7区間=42・195キロ、女子・5区間=21・0975キロ)で実施。号砲は男子が午前10時、女子が午後1時半で男女ともに優勝校が全国高校駅伝(12月20日・京都)、上位6校が関東高校駅伝(11月21日・栃木)の出場権を獲得する。都大路への切符を懸ける熱き戦いを男女に分けて展望した。

 総合力で他を圧倒する埼玉栄が今年も強い。順当にたすきをつなげれば4連覇が濃厚だ。悲願の初優勝を狙う花咲徳栄、4年ぶりの王座奪還を目指す武蔵越生、主軸に力がある東農大三が続く。

 埼玉栄は過去2大会、全国の3区で、いずれも区間1桁順位をマークした絶対的エース佐藤が故障明けで登録外となったが、他のメンバーも粒ぞろいだ。一昨年に都大路でアンカーを走りスタミナ豊富な主将の奥山、持久力型で将来性がある高島、全国で2年連続の5区(3キロ)を担ったスピードが武器の西田の3年生3人が1、3、4区の主要区間を任される。

 残りの4区間は、誰が出ても遜色ない。昨年の全日本中学選手権の1500、3000メートルで2冠に輝いた1年生小山やセンス抜群の山崎、新人大会の3000メートル障害を制した板橋の両2年生らが候補だ。1区から流れを築く盤石のレース展開で、全国へ弾みをつけたい。

 花咲徳栄は昨年の唐沢(現駒大)のような大黒柱がいない分、長距離適性のある主将の篠木や生駒、上野の両2年生が走る1、3、4区で王者に対抗できるか。1年生石川、2年生相楽は伸び盛りだ。武蔵越生は絶対的エースの小島岳が故障で欠場。戦力的に痛手だが双子の弟で安定感のある小島陸、新人大会5000メートルの覇者で勝負強い2年生黒岩らが意地を見せたい。2年生主体なだけに、波に乗れば面白い。

 楽しみな存在なのが東農大三。室井、長谷川の両3年生やチーム一の潜在能力を秘める2年生宇田川が長距離区間で粘れるか。

 残り2枠の関東切符争いの1番手は2年生新井や徳永、黒田の両3年生が引っ張る浦和実、続くのが粘りが持ち味のエース土橋が力強い松山。さらに宮岡ら5000メートルの記録上位7人全員が15分台の坂戸西、3学年のバランスがいい川口市立、初の関東出場を目指す西武文理にも注目したい。

【男子7区間】
1区=10キロ
2区=3キロ
3区=8・0975キロ
4区=8・0975キロ
5区=3キロ
6区=5キロ
7区=5キロ
計=42・195キロ

購読申し込み 携帯サイト