2020年10月24日(土)

住みやすい、最高値の86・3% 満足度向上へさいたま市が意識調査、住み続けたいは昨年度より減少

さいたま市役所=さいたま市浦和区常盤

 さいたま市は22日、2020年度の市民意識調査の結果(中間報告)を発表した。「住みやすい」「どちらかといえば住みやすい」と回答した市民が86・3%となり、調査開始以降で最高値となった。一方で「住み続けたい」定住意向は、過去最高値だった昨年度の86・2%から減少し、85%だった。

購読申し込み 携帯サイト