2020年9月17日(木)

山田うどん、「彩の国黒豚」の「肉汁うどん・そば」販売 肉の量は通常メニューの1・4倍、麺は1・5玉

山田うどんで期間限定で販売する、彩の国黒豚を使った「肉汁うどん・そば」の、うどんの盛り付け(山田食品産業提供)

 「ファミリー食堂山田うどん食堂」などを展開する山田食品産業(所沢市)は、16日から期間限定でJA全農さいたまの「彩の国黒豚」を使った「肉汁うどん・そば」(税込み780円)の販売を始めた。同社が彩の国黒豚を使ったメニューを販売するのは初。県内企業として県産品の普及の促進を後押しする。

 使う肉の量は通常メニュー「肉汁うどん・そば」(税込み680円)より1・4倍使い、麺は1・5玉で提供する。このほか、長ネギ、干しシイタケなどが入り、ユズとミツバがアクセントを効かせる。

 このほか、鶏肉、マイタケ、根野菜にごま油を効かせて煮込んだ「たっぷり秋野菜の鶏汁うどん・そば」(税込み780円)も提供。期間は共に11月末頃まで。

購読申し込み 携帯サイト

購読申し込み