2020年8月19日(水)

女子高生が死亡、母親は重傷…無理心中か 上半身から出血 朝8時、帰宅した夫が通報/所沢

所沢署=所沢市並木

 18日午前8時5分ごろ、所沢市狭山ケ丘のマンション一室で、この家に住む無職の母親(52)と私立高校1年の長女(15)が上半身から血を流して倒れているのを、帰宅した夫(46)が発見し110番した。長女はその場で死亡が確認され、母親は救急搬送されたが重傷だという。

 所沢署によると、この住宅は3人暮らし。母親と長女は同じ部屋にあおむけで倒れており、いずれも上半身に出血を伴う外傷があった。

 夫は仕事で外出中だった。玄関や窓は施錠されており、室内が荒らされたような形跡はなく、第三者が介在した可能性は低いという。同署は長女の司法解剖を実施して死因を明らかにするとともに、無理心中を図った可能性もあるとみて母親の回復を待って事情を聴く方針。

購読申し込み 携帯サイト