2020年8月10日(月)

座ったまま白骨化、山積みのがれき…原爆の記憶、消える時代懸念 被爆体験語る男性、あの日の光景を記録に

高近峰敏さん(本人提供)
高近さんが自身の経験をまとめた原稿

 県内の小中学校などで長崎市での被爆体験を語るさいたま市中央区の高近峰敏さん(87)が、戦時下の学校生活や故郷の惨状など、あの日見た光景を記録にまとめた。「決して風化させてはいけない。生きている限り、語り部を続けたい」。実相を語る責務を果たそうとしている。

購読申し込み 携帯サイト