2020年6月9日(火)

<新型コロナ>驚き…創立50年記念行事を中止した川口RC、行事への積立金400万円で川口4病院支援

防護ガウンを着た左から、川口工業総合病院の馬場俊也院長、埼玉協同病院の増田剛院長、済生会川口総合病院の佐藤雅彦院長、川口市立医療センターの大塚正彦管理者、川口東ロータリークラブの鈴木靖則会長=2日、川口市

 新型コロナウイルスとの闘いの最前線に立つ医療現場の医師や看護師たちのために、マスクやガウン、フェースシールドなど約400万円相当の防護装備が、川口東ロータリークラブ(埼玉県川口市、鈴木靖則会長)から川口市医師会を通じて川口市立医療センターなど市内の中核4病院に贈呈された。同クラブは来年に計画していた創立50周年記念行事を中止し、その積立金を4病院支援に当てた。

購読申し込み 携帯サイト

購読申し込み