2020年4月22日(水)

<新型肺炎>さいたまの学童保育職員が感染、一層求められる登室自粛 開所求める保護者は医療従事者も多く

新型肺炎、さいたまの学童保育職員が感染、一層求められる登室自粛

 15日に、さいたま市内の放課後児童クラブで、職員の感染事例が判明し、学童保育への登室自粛と、家庭保育が一層求められるようになった。

購読申し込み 携帯サイト

購読申し込み