2020年2月19日(水)

<新型肺炎>救急隊員3人、自宅待機に 搬送男性が陽性と判明したため 県南西部消防本部が発表

新型肺炎、救急隊員3人を自宅待機

 朝霞地区一部事務組合「県南西部消防本部」(渋谷正彦消防長)は18日、管内の医療機関から都内の医療機関に搬送した60代の男性が新型コロナウイルスの陽性と判明したため、搬送に携わった救急隊員3人を16日から2週間の自宅待機にしたと発表した。

購読申し込み 携帯サイト

購読申し込み