2020年1月24日(金)

西武園ゆうえんち、100億円でリニューアルへ 新アトラクション導入「よみがえる」 21年に完成予定

リニューアル後の完成イメージ図(西武鉄道提供)

 西武鉄道(若林久社長、本社・所沢市)は23日、西武園ゆうえんち(同市山口)に100億円を投じ、1960年代の街並みを再現したリニューアルを行うと発表した。新たなアトラクションも導入する。工事は営業を続けながら行われ、2021年の完成を目指す。

 リニューアルは同ゆうえんちの70周年記念事業として行う。施設は老朽化が進むなどして入場者が低迷。今回のリニューアルはその古さを生かし、懐かしさをテーマに訪れた人を心温まる「幸福感」で満たすとしている。

 東京都内で行った記者会見で、西武ホールディングスの後藤高志社長は「西武園ゆうえんちでしか味わうことのできない体験価値を提供し、特別な一日を過ごしてもらえることを約束する」と説明。

 西武鉄道とブランド設計を進めてきたマーケティング会社「刀」(東京都港区)の森岡毅CEOは「日本人が昔から本質的に大切にしてきた価値に焦点を当て、誰もが幸福感に満たされる場所へよみがえらせる」と話した。

 西武園ゆうえんちは50年に開業。88年度には年間約194万人が来場していたが、昨年度の入場者数は約49万人となっていた。

購読申し込み 携帯サイト