2019年12月22日(日)

<高校ラグビー>浦和が激励会 OBや父母会など120人 松永主将ら決意「一丸となって初勝利を」

決意を語る浦和の松永主将(中央)=21日、さいたま市のラフレさいたま

 第99回全国高校ラグビー大会(27日〜来年1月7日・花園)に6年ぶり3度目の出場を決めた浦和の選手激励会が21日、埼玉県さいたま市中央区のラフレさいたまで行われ、来賓やOB、父母会のほか、ラグビー関係者など約120人が参加した。主将の松永は「チーム一丸となって(浦高)初勝利をもたらしたい」と力を込めた。

 激励会では、坂下辰夫県ラグビー協会副会長、武田公一さいたま市ラグビー協会会長があいさつ。大石雅規浦和高ラグビー部OB会会長は、「年を越えるようぜひ頑張ってもらいたい」とエールを送った。激励を受けた三宅邦隆監督は「皆さんの気持ちに応えられるよう、勝利を持って帰りたい」と決意を語った。

 チームは24日に関西入りし、27日の開会式後、玉島(岡山)との1回戦(12時30分・第1グラウンド)に臨む。

購読申し込み 携帯サイト

購読申し込み