2019年12月19日(木)

本当に住みやすい街、1位は川口 浦和や大宮より地価や物件価格がリーズナブル 東口商店街の再開発に期待

川口市役所=川口市青木

 住宅ローン大手「アルヒ」(本社・東京、浜田宏社長)の首都圏の1都3県(東京都、埼玉、千葉、神奈川県)を対象にした「本当に住みやすい街大賞2020」で川口が1位に選ばれた。同社のローン契約実績をベースに(1)街の発展性(2)住環境(3)交通の利便性(4)コストパフォーマンス(5)教育・文化環境を加味して鉄道駅前の街を選ぶコンテストだ。同社は「理想ではなく、実際に生活する街を考えた」という。今回の受賞に川口市の奥ノ木信夫市長は「赤羽から荒川を渡れば川口。ほぼ東京ということが評価されたと思う。これからは文化のレベルアップにも頑張っていきたい」と話している。

購読申し込み 携帯サイト