2019年11月15日(金)

<高校駅伝>関東大会・県勢の見どころ 男子記念大会1枠は花咲徳栄が有力 武蔵越生、聖望学園もチャンス

全国高校駅伝県予選の1区で飛び出す花咲徳栄・唐沢(右)と後ろに付く聖望学園・久保田。左は埼玉栄・白鳥=1日、熊谷市
武蔵越生の浮上の鍵を握る小島岳(左)と石川

 男子第72回、女子第28回関東高校駅伝は16日、静岡県の裾野市運動公園陸上競技場(男子=7区間42キロ、女子=5区間21キロ)に関東1都7県の予選を勝ち抜いた男女各48校が参加して行われる。今年は男子の全国大会(12月22日・京都)が第70回の記念大会となり、北関東地区(埼玉、群馬、栃木、茨城)で各県の優勝校を除いた最上位校に全国切符が与えられる。

購読申し込み 携帯サイト

購読申し込み