2019年10月20日(日)

<台風19号>上陸から1週間、4市町142人の避難続く 新たに春日部など8市にも災害救助法が適用

埼玉県庁=埼玉県さいたま市浦和区高砂

 県内各地に大きな爪痕を残した台風19号の上陸から1週間となった19日、県は同日午後2時時点で東松山市、坂戸市、秩父市、ときがわ町の4市町が避難所として開放している市役所や公民館など10カ所に142人が避難していると発表した。秩父市中津川地区、小鹿野町薄小森地区、ときがわ町大野地区、越生町籠ケ谷地区では土砂崩れにより車両が通行できない状態が続いており、51世帯91人が影響を受けている。

購読申し込み 携帯サイト

購読申し込み