2019年8月25日(日)

<知事選>大野元裕氏が初当選 県民、上田県政の継承選ぶ 上田知事や野党4党が支援、与野党対決制す

初当選が決まり、支援者らと共に万歳して喜びを分かち合う大野元裕氏(中央)=25日午後10時15分ごろ、さいたま市浦和区高砂の事務所

 任期満了に伴う知事選は25日投開票され、立憲民主党など野党4党と退任する上田清司知事が支援する前参院議員の大野元裕氏(55)が、自民、公明両党が推薦するスポーツライターの青島健太氏(61)、NHKから国民を守る党公認で医師の浜田聡氏(42)、元高校教諭の武田信弘氏(65)、元会社員の桜井志津江氏(63)の4人を破り、初当選を果たした。県民は上田県政の転換を訴えた青島氏ではなく、継承、発展を強調した大野氏を選択した。

購読申し込み 携帯サイト

購読申し込み