2019年7月26日(金)

<高校野球>市川越、3投手から好機生かせず あと一本…打線が機能せず、8安打も無得点

大宮東に敗れスタンドへあいさつに向かう市川越ナイン

 大宮東が河内、沢田、島村の継投で市川越打線を零封。走者を出しても、丁寧に低めを突く投球で要所をしのいだ。打線は二回2死三塁から河内と佐藤の適時打で2点を先制し、八回2死三塁は鈴木琉が左中間二塁打で追加点。犠打で確実に走者を進め、好機で一本が出た。市川越は、8安打6四死球も好機を生かせず。先発和田の4回2失点も誤算だった。

■「つなげられず」

 市川越は、継投した大宮東の3投手から8安打を放つも無得点に封じられた。4、5回戦ともに5安打で5得点してきた少ない安打で得点する打線が機能しなかった。主将の原田は「ヒットが出てもつなげられず、いつものパターンに持ち込めなかった」と、涙が止まらなかった。

 三、四、六、七、八回に得点圏に走者を進めてもあと一本が出なかった。新井監督は「今年は、タイムリーが出るチームだったのに…。走者を背負ってからも丁寧にコーナーに投げてきた相手投手が上回っていたのかな」と、脱帽するしかなかった。

 2連打で好機をつくった七回がもったいなかった。無死一、二塁で2番杉は「緊張で硬くなって、体が思うように動けなかった」と、バントを2度失敗し、最後は内角のスライダーを空振りし、三振。続く原田は「内よりの甘い球がきたので打てると思った」と内角球を打たされ、痛恨の併殺打となった。

 全4打席を先頭打者として打席に入った4番瀬良は「好機で(3番)原田に回れば、決めてくれると思っていた。自分は原田を返すことだけしか頭になかった」と悔しがる。新井監督は、「原田の前に走者をためたかった。チーム全体に外の球を逆方向へと指示していたが、徹底しきれていなかった」と、選手たちをかばった。

購読申し込み 携帯サイト

購読申し込み