2019年7月26日(金)

<高校野球>市川越、3投手から好機生かせず あと一本…打線が機能せず、8安打も無得点

大宮東に敗れスタンドへあいさつに向かう市川越ナイン

 大宮東が河内、沢田、島村の継投で市川越打線を零封。走者を出しても、丁寧に低めを突く投球で要所をしのいだ。打線は二回2死三塁から河内と佐藤の適時打で2点を先制し、八回2死三塁は鈴木琉が左中間二塁打で追加点。犠打で確実に走者を進め、好機で一本が出た。市川越は、8安打6四死球も好機を生かせず。先発和田の4回2失点も誤算だった。

購読申し込み 携帯サイト

購読申し込み