2019年5月8日(水)

JR高崎線で生徒自殺か 10連休明け、県教委が注意呼び掛け…心が不安定の子増える 休み中は相談も増

県の無料電話相談を記載したカード

 10連休明けの7日朝、熊谷市内のJR高崎線の踏切で、県内の私立高校に通う男子生徒(16)が列車にはねられ死亡した。目撃情報などから自殺とみられる。県教育委員会によると、長期休みの前後は悩みを抱えて心が不安定になる子どもが増える傾向にあるといい、「1人で悩まず、誰かに相談してほしい」と呼び掛けている。

購読申し込み 携帯サイト

購読申し込み