2019年3月1日()

「いちご大福」食べ食中毒、製造従事者らからノロウイルス検出 熊谷の老舗和菓子屋、営業停止に

埼玉県庁=さいたま市浦和区高砂

 県は28日、熊谷市末広1丁目の老舗和菓子屋「出川屋」で、ノロウイルスによる食中毒が発生したと発表した。県は食品衛生法に基づいて、営業者の出川製菓(同所、出川成之社長)を同日から3日間の営業停止処分にした。

 県食品安全課によると、23〜24日に製造・販売された「いちご大福」を食べた30人のうち25人が、24日午前11時ごろからおう吐や下痢、発熱などの症状を訴えた。熊谷保健所が調べた結果、患者13人と製造従事者2人の便からノロウイルスが検出された。患者は全員快方に向かっているという。

購読申し込み 携帯サイト