2019年2月26日(火)

県内初の快慶作の仏像か…熊谷・東善寺の阿弥陀如来立像、市が背景解明へ 年代や大きさなど謎多く

鎌倉時代の仏師快慶作の可能性が高い東善寺所有の木造阿弥陀如来立像(熊谷市提供)
木造阿弥陀如来立像のX線CT画像。内部に古文書らしきものが入っている(熊谷市提供・撮影東京国立博物館)

 熊谷市は25日、同市代の東善寺が所有する木造阿弥陀如来立像を調査した結果、鎌倉時代を代表する仏師快慶作の可能性が高いと発表した。快慶が手掛けた仏像の多くは国宝や重要文化財に指定されている。市によると、関東では栃木県で2件3体、確認されているが、県内では初めて。県立歴史と民族の博物館(さいたま市大宮区)で3月16日〜5月6日に開かれる特別展「東国の地獄極楽」で公開される。

購読申し込み 携帯サイト