2018年12月29日(土)

登山道で男性滑落、頭など打ち重体 風に飛ばされた帽子を取りに行き、足を滑らせる/長瀞

男性滑落し重体

 29日午前11時半ごろ、長瀞町本野上の登山道「長瀞アルプス万福寺コース」で、登山中の茨城県坂東市の男性会社員(56)が滑落し、約10メートル下の斜面に落ちた。約2時間後に県の防災ヘリで救助されたが、頭などを打ち意識不明の重体。

 秩父署によると、男性は友人女性(49)と2人で宝登山を目指し、同日午前11時ごろ入山。風で帽子が飛ばされ、取りに行こうとして足を滑らせたという。一緒にいた女性が119番した。

購読申し込み 携帯サイト

購読申し込み