2018年11月14日(水)

14日は埼玉県民の日、埼玉県「147歳」に 県庁で催し、動物園や遊園地など38施設が入場無料

埼玉県庁=さいたま市浦和区高砂

 埼玉県は14日に「147歳」を迎える。歴史を振り返ると、1871(明治4)年に全国の藩を廃して府県を置いた廃藩置県により、同年11月14日に「埼玉県」(荒川より東の地域)と「入間県」(荒川より西の地域)が誕生した。

 73(同6)年に入間県は群馬県と合併して熊谷県となったが、76(同9)年に分離して埼玉県と合併し、ほぼ現在の県域が確定した。1971年には県が誕生して100周年を記念し、11月14日を「県民の日」として定めた。

 県民の日は、県庁を開放する「県庁オープンデー」とし、多彩なイベントを実施。

 また、こども動物自然公園(東松山市)や自然の博物館(長瀞町)、西武園ゆうえんち(所沢市)など38施設が入場無料になる。

 さらに東武、西武、秩父、埼玉高速の各鉄道とつくばエクスプレスなど、県内の鉄道事業者がフリー乗車券(乗り降り自由)を販売する。

購読申し込み 携帯サイト

購読申し込み