2018年10月22日(月)

隠し味は蜂蜜と梅の日本酒…ありえないコラボ、梨の食感を残したまま新感覚の漬物に 東松山で新発売

新発売の東松山産梨加工品「梨のぴくるす」(左)と「梨の甘露漬け」(右)を手にする千葉有美子さん=東松山市役所

 東松山産の梨を使った加工品の新商品「梨のぴくるす」と「梨の甘露漬け」の2種類が19日、東松山市役所のひがしまつやまマルシェ@市役所夕市で新発売された。

 販売したのは市内の梨農園「なしやさん」(千葉有美子代表)で、深谷市のマルツ食品が製造した。

 千葉さんによると、梨の収穫の際、生で販売できないものがあるという。そこで、「梨の食感や形を残したまま活用できないか」と考え、思い付いたのが漬物だった。
ぴくるすは、プルーン酢と赤ワインで漬けたもの。甘露漬けは無添加で、蜂蜜と越生の梅の日本酒を隠し味に使い、レモン果汁を加えて、梅酢に漬けた。漬物だがスイーツ感覚で、「ありえないコラボの新感覚漬物」と話す。

 いずれも100グラム400円(税別)。市内のなしやさんで直売するほか、東松山農産物直売所いなほてらす、丸広百貨店で販売を予定している。

購読申し込み 携帯サイト