2018年10月8日(月)

川に投棄の自転車やバイク回収、市民ら綾瀬川を清掃 草加でソーシャルフェス、「ごみ少ない」活動に成果

川から自転車を引き上げた参加者=6日、草加市

 地域の自然環境を守ろうと「トヨタソーシャルフェス2018」(綾瀬川クリーンプロジェクト実行委員会主催、トヨタ自動車協賛)が6日、草加市長栄の長栄中央公園周辺で開かれ、市民や大学生ら110人が綾瀬川河川敷の清掃活動を行った。

記事ページにコメント欄を設置…前向きな議論を行うコミュニティとして活用を!

 参加者らは獨協大の学生の指導で、検査キットを使った水質調査を行い、綾瀬川の汚染状況を確認。上流と下流の2班に分かれ、川に投棄された自転車やバイクをフックとひもで引き上げて回収した。

 田島侑弥さん(13)は3回目の参加。「去年より、ごみが少なくなっていた。きれいになっているんだと感じた」と活動の成果を語った。

 同フェスは2012年から始まり今年で7年目。地方新聞社などの主催で全国で行われている。県内では今回を含め2回開催され、次回は20日に小川町での植樹が予定されている。

購読申し込み 携帯サイト