2018年9月19日(水)

障害者雇用水増し、県内当事者が怒り「やはりそうか」 障害が重度だと「もっと排除」 直面する課題とは

 中央省庁や地方自治体の障害者雇用水増し問題が発覚してから1カ月が経過した。県内の当事者らは「とんでもない行為」「やはりそうか」など怒りや憤りを口にする。一方、働く環境整備を求めるとともに、自身の経験から雇用だけにとどまらない障害者が直面する課題を指摘した。

購読申し込み 携帯サイト

購読申し込み