2018年9月2日(日)

強制わいせつ致傷容疑で男を再逮捕 女性を背後から突き飛ばし暴行、女性は左頬の骨を折る重傷/西入間署

西入間署=埼玉県坂戸市関間

 西入間署は2日、強制わいせつ致傷の疑いで、日高市原宿、会社員の男(32)を再逮捕した。

 再逮捕容疑は7月8日午前1時15分ごろ、坂戸市内の路上で歩いて帰宅途中の20代女性に対し、わいせつ行為目的で背後から突き飛ばし、転倒した女性に足蹴りするなどの暴行を加えた疑い。女性は左頬の骨を折るなど約6カ月の重傷を負った。

 同署は7月20日、別の女性に対する住居侵入と強制わいせつ容疑で男を逮捕。8月14日には女性の下着を盗んだ窃盗容疑で再逮捕した。捜査の過程で今回の容疑が浮上、下着盗の犯行直後に強制わいせつ致傷事件を起こしていたという。

購読申し込み 携帯サイト